Firebaseとは?

Firebaseとは?
Firebaseとは?

最先端の開発者は、アプリ開発タスクの質を高めてくれる様々なサーバーサイド技術にアクセスする特権があります。選択肢がたくさんあることで、バックエンドプラットフォームを選択する段取りが幾分膨大なものになってしまっています。こちらの記事では、最先端のバックエンド技術の一つであるGoogle Firebaseを詳しく見ていきます。

Google Firebaseとは?

Firebaseという選択肢は、アプリ開発に最適です。これは、Google社のBaaS(Backend as a Service)またはmBaaS(Mobile Backend as a Service)プラットフォームです。このGoogle独自のプラットフォームは、最先端の機能を備えた数多くのアプリに活力を与えるため、何年にも渡り進化を続けてきました。このプラットフォームは、開発者がタスクをより速く、より効率的に実行できるようにする多くのツールとサービスを提供しています。Firebaseはバックエンドの煩雑な問題を解決してくれるので、開発者はアプリ向けに優れたフロントエンド機能を開発することに、より多くの時間を使うことができます。

Firebaseの提供するツールには、データベース、API、サーバーインフラストラクチャなどがあります。したがって、開発者はサーバーの管理について気にする必要はありません。ファイアベース利用者は、アプリ開発、ユーザーベースの拡充、マネタイズのための最先端ツールにもアクセスすることができます。

Firebaseのメリット

Firebaseを使う理由は、ユーザーをそのプラットフォームに引き付けるたくさんのメリットがあるからです。Firebaseを使うメリットをこちらでご紹介します。

サーバーレスでスケーラブル

FirebaseはGoogle Cloudと完全統合されていて、サーバーレスでスケーラブルなインフラストラクチャを提供しています。開発者は、インフラストラクチャの煩わしさを心配することなく、もっと高速でアプリを開発、拡張(スケール)できます。

Firebaseはよりスマートに

Google Analyticsとの連携により、Firebaseを使っている開発者は、アプリのパフォーマンスやユーザー行動に関する詳細な情報を手に入れることができます。このスマートな機能により、アプリの所有者は複数のデバイス上のユーザーを追跡することもできます。ユーザーの場所、ユーザーアクションを表示し、分析結果を他の形式に簡単にエクスポートできます。

迅速なバグ修正

Google Firebaseでは、クラッシュレポートへのアクセスがより簡単になり、バグ修正がより迅速に行えます。本質的に、Firebaseを使用すると、開発者は記録的な速さで不具合を解決することで、ユーザーのアプリでのエクスペリエンスを向上させることができます。

安全かつ高速

Firebaseは開発者に向けに、アプリケーションの開発、展開、そして管理に役立つサービスとツール一式を提供しています。つまり、Firebaseユーザーはアプリの開発と更新を今までより高速で行えるのです。また、このプラットフォームは、Googleの定評のあるセキュリティ機能を利用して、アプリのセキュリティ機能を強化しています。

Firebaseのコア機能

バックエンドアプリを選ぶ際に気を付けるべきコア機能の一つは、プラットフォームが提供する「機能」です。Firebaseの機能の概略は、以下の通りです。

スケーラブルなデータベース

Firebaseコンソールにサインアップしたらすぐに、2つのデータベースオプションから選択しなければなりません。1つ目は、元のFirebaseデータベースであるRealtime Databaseです。 2つ目はCloud Firestoreです。これは、Firebaseコンソールに組み込まれた新しいデータベースです。

Cloud Firestore

Cloud Firestoreは、ウェブとモバイルアプリ上でデータを効率的に保存、同期、クエリを行うことのできる、信頼性の高いNoSQLドキュメントデータベースとして定評があります。Firestoreのメリットとして、スケーラビリティ、データ構造の効率性、クエリの改善などがあります。

Realtime Database

Firebaseはクラウドホスト型NoSQLデータベースの形式を取っており、ユーザー間のデータ同期をリアルタイムで行う独自の機能を備えています。開発者がFirebaseに魅了される主な機能の一つが、このRealtime Databaseです。開発者は、単一のAPIを使用して、現在のデータと利用可能なアップデートを即座に表示するアプリを開発できます。

ホスティング

Firebaseには、ウェブアプリやモバイルアプリを手間なく開発するためのホスティングソリューションが備わっています。さらに、ユーザーはFirebaseのグローバルコンテンツ配信ネットワークを使って、世界中でアプリアクセスを強化できます。

クラウドストレージ

コストパフォーマンスが高く、堅牢で使いやすいクラウドストレージは、Firebaseサービスの不可欠な部分です。ユーザーはクラウドストレージSDKを通じてGoogle の最先端セキュリティ機能を活用することもできます。SDKは、動画、音声やその他のユーザー生成のアプリコンテンツをアップロード/ダウンロード時のセキュリティを高めてくれます。

認証

Firebaseはユーザー認証をサポートするための複数の機能を備えています。たとえば、メールアドレス、電話番号、パスワード、Facebook、Twitterのようなデータを使用したユーザー認証を選択できます。認証の統合は、Firebase認証SDKを使用すると非常に簡単です。

料金

Firebaseは無料なのか?というとYesでもあり、Noでもあります。

Firebaseは無料部分もありますが、ある一定の域を超えるとほとんどのサービスが有料になります。アプリを拡張できるようになったら、ユーザーは「従量課金制」の料金体系が適用されるプレミアムプランに移行できます。つまり、使った分のサービスにのみ支払うということです。

プラン料金
スパーク無料
ブレーズ従量課金制

Firebaseの価格設定の詳細については、こちらをご覧ください。

その他の代替プラットフォーム

Firebaseはアプリ開発のための優れたプラットフォームですが、多くの選択肢も同様に注目に値します。 2020年にFirebaseの代替案をお探しの場合は、次のサービスをお勧めします。

まとめ

Firebaseとは、Google社のモバイルアプリ開発プラットフォームです。エンドツーエンドの開発環境、アプリ開発から市場投入までの時間の短縮、スケーラブルなインフラストラクチャなどがメリットです。コア機能には、データベース管理、ファイルストレージ、クラウドコード、機械学習などがあります。

よくある質問

Firebaseとは?

Firebaseとは、Google社のモバイルアプリ開発プラットフォームです。エンドツーエンドの開発環境、アプリ開発から市場投入までの時間の短縮、スケーラブルなインフラストラクチャなどがメリットです。

Firebaseのコア機能は?

コア機能には、データベース管理、ファイルストレージ、クラウドコード、機械学習などがあります。

Firebase以外のお勧めは?

– Back4app
– Parse
– Backendless
– Kinvey
– AWS Amplify


Leave a reply

Your email address will not be published.