Category Archives

8 Articles

Herokuとは?その秘密に迫る…

この記事ではHerokuをより深く分析し、注目すべきメリット&デメリット、価格体系、そしてその主な機能をご紹介します。

サービスとしてのプラットフォームを選択肢とすることはビジネスにとって、高性能なアプリケーションの作成、管理に役立ちます。信頼あるPaaSは合理的なAPI開発の実現、データベース、IoT、通信、プロセス管理を楽に実行できるよう、開発者を後押しします。​

Herokuは現在、あらゆる規模の企業にサービスを提供する、信頼性の高いプラットフォームと考えられています。では、この人気のプラットフォームの特徴、利点、そして制限を詳しく見ていきましょう。


2022年Herokuの代替プラットホームベスト10+

HerokuPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)で、クラウドサービスのパイオニア的存在です。Herokuが登場する以前は、ゼロからサーバーを設定して構築する必要があり、開発者にかなりの負担がかかっていました。

また、その他のボトルネックとしては、共有ホスティングの制限や、クラウド技術とそのデプロイメントの戦略の複雑さなどがありました。

しかし、Herokuのプラットフォームは、アプリの構築、スケーリング、デプロイをこれまで以上に迅速かつ容易にする技術を導入しました。それが開発者コミュニティでその名が知れ渡った理由です。

商業的に持続可能なクラウドサービスであるPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)の斬新な基準を作ったHerokuは、革新的な企業だと言えます。同社は多くのことを成し遂げ、多くのエンタープライズ企業がビジネスの目標を達成するのを助けてきました。 

しかし私は最近になって、開発者がHerokuの代替サービスを探していることに気づきます。私は考えました「なぜ開発者はHerokuの代替サービスに飛びつきたがるのだろう?」

この記事では、開発者がHerokuの代替サービスを求める理由と、Heroku以外の選択肢についてお話します。また、それぞれのオプションの長所と短所、そしてHerokuと競合するサービスの比較表も、合わせてご覧いただけます。


2022年Firebaseの代替プラットフォームベスト10+

Firebaseの代わりとして使えるアプリ開発プラットフォームをお探しですか?ここではアプリケーション開発のためのFirebaseの代替プラットフォームをご紹介します。

FirebaseはGoogle社が提供するアプリ開発プラットフォームです。スムーズ、かつ規格に沿った方法でアプリを開発、改善、成長させられます。 

Firebaseは主に以下の3つを柱としています:

  • アプリの構築をより速くできるよう支援
  • 信頼性、パフォーマンス、安定性のあるアプリとしてリリース
  • アプリをリリース後のユーザーエンゲージメントの向上 

モバイルとWebアプリケーションに対応し、Googleはこのプラットフォームを、デジタル製品開発の生産性を向上させるようデザインしています。 

Firebaseの中核とも言える機能は、NoSQLデータベース、リアルタイムクエリ、拡張可能なホスティング、データストレージ、ファイルストレージ、REST API、認証、機械学習、アナリティクスです。 

Firebaseによってもたらされる恩恵は、アプリをより速く構築できること、そして焦点をインフラから、確固たるユーザー体験の構築に移せること、そして、インフラの管理をすることなくアプリケーションを拡張させられることです。 

なぜFirebaseの代替プラットフォームを探すのか? 

Firebaseがそれほど良いものなら、代替プラットフォームを探すことを不思議に思うかもしれません。その理由がこちらです:

  • オープンソースではなく、ベンダーロックインがある
  • 価格設定が複雑で予測し難い
  • セルフホスティングではなく、Google Cloud のホスティングにしか対応していない
  • どのサービスにも無料枠がない
  • どのデータベースもNoSQLであり、SQLのオプションがない 
  • 複雑でネストが深いクエリの場合遅くなる可能性がある 
  • GraphQL APIは通常の設定では利用できない
  • 中国など一部の国では動作しない
  • オープンソースのようなコード変更の柔軟性がない

詳しくは以下のレビューをご覧ください。そして最適なFirebaseの競合他社プラットフォームを見つけましょう:


mBaaS とは?

mBaaS とは?
mBaaS とは

すべてのビジネスは、アプリを備えておくことでメリットがあります。アプリ開発のプロセスは難しそうに見えるかもしれないですが、心配する必要はありません。

mBaaS(Mobile Backend as a Service)のプロバイダーは、アプリ運用に必要なインフラストラクチャを提供し、ビジネスを次のレベルに引き上げることができます。現在のビジネス環境において、アプリは事業を行う上で必要不可欠です。つまり、最も効率的なやり方でアプリを実行する方法を見つけることが、競合他社よりも一歩先を進むことにつながるのです。

この記事は、mBaaS(Mobile Backend as a Service)とは何か、どのように価値を作り出すのかを理解するのにお役立てください。最後には、どのプロバイダーが一番適しているのかを理解するために、主要なmBaaSプロバイダーの一部をご紹介します。


Firebaseとは?

Firebaseとは?
Firebaseとは?

最先端の開発者は、アプリ開発タスクの質を高めてくれる様々なサーバーサイド技術にアクセスする特権があります。選択肢がたくさんあることで、バックエンドプラットフォームを選択する段取りが幾分膨大なものになってしまっています。こちらの記事では、最先端のバックエンド技術の一つであるGoogle Firebaseを詳しく見ていきます。


React Nativeアプリのためのベストなバックエンドプラットフォーム

React Nativeアプリのためのベストなバックエンドプラットフォーム
React Nativeアプリのためのベストなバックエンドプラットフォーム

バックエンドは、モバイルプラットフォームアプリケーションの迅速で手間のかからない開発に必要な重要なコンポーネントです。 開発者は、すべてのモバイルアプリケーション開発と試験要件に、多目的で昨日豊富なバックエンドを必要としています。

React Nativeフレームワークを使用したモバイルプラットフォーム向けアプリケーションを開発している方には、現在いくつかのバックエンドの選択肢があります。React Nativeアプリ向けのバックエンドを決めることは、理想的な開発成果を確実にするために極めて重要です。 

React Nativeフレームワークおよび最高のバックエンドオプションの一部をさらに詳しく見ていきましょう。


Firebaseの最適代替案

Firebaseの最適代替案
Firebaseの最適代替案

もしサーバー側プログラミングの作成のトラブルなく、ウェブ、アンドロイド、又はiOSのアプリケーションを配信したい場合は、最適なアプリケーション開発プラットフォームを見つける事が重要です。

頭に浮かぶ一番の選択肢は、Googleが2014年に買収したサービスプラットフォームとしたバックエンドであるFirebaseです。多くから最も知られている機能はリアルタイムのデーターベースであり、コンソール全体がAngularを使用して2020年の3月に書き直されました。このプラットフォームはたくさんの効果があり、アプリ発生を加速させる優れた工具です。主な欠点は、プラットフォームがオープンソースではない(しかしGoogleの独自技術である)、ベンダーロックインがあり、GraphQL APIが芯の製品に含まれていないことです。

しかし、開発者であるため、もうすでに選択をしている可能性がありますが、それでも丘の全ての情報を確認して、簡単に利用できる驚くべき範囲の選択を理解することができます。さらに、上記の情報をすることで、アプリケーション又はウェブプロジェクトの必要品に応じて、より効果的な方法で最適なバックエンド選択を間違いなく理解することができます。

革新的で効果的なウェブやモバイルアプリケーションをできるカギ気最適な方法で開発するためのより驚くべき方法を提供する、Firebaseに代わる最適な代替案を探していますか?なら、ここでは、最も効果的である驚くべきFirebaseの競合他社をいくつは紹介します。これは、間違いなくより効果的な方法で適切な意思決定を行うのに役立ちます。